クラウドの活用 ( Microsoft AZURE )

そもそもクラウドとは・・・・御説明はこちらから

ご利用環境に応じたMicrosoft Azure の 運用

サーバーを導入する場合、従来は自社内設置が基本でしたが、クラウドを活用することにより様々なメリットを享受することができるようになりました

導入コストの軽減
インターネットの手続きのみで、最短数分でサーバー機の設置がWeb上で完了します。これにより物理的にサーバーマシンを購入する必要がなく、ランニングコストのみで運用することができるようになります。
災害時の障害対策
万一の災害時にも、物理的なサーバーそのものはMicrosoft社に置かれているため、インターネット環境が整っていさえすれば継続して運用が可能です。
規模の拡大等に対する柔軟な対応
サーバー導入後も必要に応じてCPUやメモリ容量などを変更することが可能です。これにより物理的な機器の買替えをすることなく、利用状況の変化に応じた規模の変更を柔軟に行うことができます

Microsoft Azureの様々な運用形態

仮想マシン
IaaSサーバー機そのものをクラウド上に設置するイメージ。
実際に導入するサーバー機と同じスペックのマシンをクラウド上に定義し、さらにOSをインストール(Windows Server、Linuxなど)。設定完了したクラウド上のマシンと自社ネットワークをVPNで接続することにより、 自社内に設置したサーバーと同じように運用することが可能とになります。
クラウドサービス
クラウド上にWebサーバーを設けるイメージ
自ら運営するホームページWebサイトを作成できます。MySQL機能なども同時に提供され、これによりWordPress対応のサイトも簡単に作成することがてぎます
WEBアプリ
自社で作成したWEBアプリケーションを運用します。
SQLデータベース
Microsoft SQL Server機能のみをクラウド上に設置するイメージ。
通常のMicrosoft SQL Serverとほとんど同じように運用することが可能で、万一の災害時にもデータの安全が確保されます。