面倒な事務作業が非効率とわかっていても「仕方がない」と諦めていませんか。

通常の事務処理の場合、同じ数値や項目を、複数の書類に何度も記入したり入力する作業が発生し、どうしても余分な手間がかかります。リレーショナルデータベースの導入により、データを一元管理、事務の効率が飛躍的に改善します。

増え続けるデータや書類整理の時間が、本来の業務を圧迫していませんか

入力された個々のデータを単純に保存するだけでなく、リレーショナルデータベースの一部として蓄積してゆくことにより、いつでも必要に応じた形で資料として簡単に取り出すことができます

Excelのみで集計作業を行う場合の限界

Excelに代表される表計算ソフトは、作表・集計ツールとしては大きな効果を発揮します。
  しかし、一度作成された表は、殆ど再利用されることがないままファイルとして保存されてしまうのが実情です。
  せっかく保存された数々のファイルを、社内に蓄積されたデータ群として再活用し、有効な資料として都度取り出す仕組みが必要とされるのではないでしょうか

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

蓄積されたデータを必要に応じて再加工・再利用する仕組み → リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベースは、日々発生する売上や仕入データを、日付や取引先に関係なく、決められた形式で継続的に蓄積してゆきます。
  蓄積されたデータに対し、条件(日付、取引先など)を指定することにより、必要とされる資料として再構成し、何時でも簡単に取り出すことが可能となります。

機能の紹介

リレーショナルデータベースは、各資料を固定的な形式で保存する形態と異なり、各データを必要最小限の要素として保存し、それを組織内全体のデータ群として継続的に蓄積してゆきます。資料が必要とされる際には、その中から必要なデータのみを自動的に抽出し、求める形式に再編成され、普段使い慣れたExcel等の形式で提供します。
  MS SQL Serverは、同じMicrosoft社の製品であるExcelとの相性に優れ、組織内で日々発生するデータを相互に関連付けながら蓄積するバックグラウンド環境を構築する一方、資料作成時には普段使い慣れたExcelやCSVで出力する機能を持つ強力なリレーショナルデータベースシステムです